球詠 感想! 王道系ゆるふわ野球マンガだったよ!

「まんがタイムきららで野球? 大丈夫?」と思って読んでみたら女の子は、可愛いく普通にスポーツマンガしてて面白かったです。
「がっつりスポ根!硬派な野球漫画」って訳じゃありませんが軽く読む分には、楽しめると思いますよ。

スポンサーリンク

球詠 とは

[まとめ買い] 球詠(まんがタイムKRコミックス)
Posted with Amakuri at 2018.1.15
マウンテンプクイチ
販売価格 ¥1,180(2018年1月15日22時25分時点の価格)

中学時代、1回戦負け野球部の投手だった武田詠深。捕手が捕れないため、投げられなかった「魔球」への後悔を抱えたまま、進学した高校で再会したのは幼なじみの山崎珠姫。かつて交わした約束、再び目覚める野球への情熱…白球に恋する少女達の物語、開幕!

しっかり“野球”してる

まんがタイムきららフォワードで連載されている女子野球(女子硬式野球)マンガ。
何というかまんがタイムきららの作品らしく、ゆるくふわふわして百合っぽい感じの雰囲気なんですが
野球やってるので不思議な作品です。

球詠 感想

簡単に感想を書いていきます。
以下のことを注意して御覧ください。

  • 大なり小なりネタバレ注意
  • あくまで個人の感想です。

【球詠 1巻 感想】 ゆるふわスポ根? 野球漫画でした

球詠 1巻 感想

1巻って事もあってキャラ紹介が主な内容でした。
とりあえず1巻では、トントン拍子で廃部寸前の野球部にメンバーが集って監督(部活顧問)も見つかり練習試合が始まります。
この手のスポーツ漫画のお約束だと監督見つけたりメンバー集めたりで結構な話数を割いたりするんですが1巻で全て終わるので長々と話の伸ばすこともなくストレスフリーで読むことができました。

球詠 1巻

肝心の野球の方は、予想に反して硬派と言うかしっかり野球してるので良かったですね。
一応“魔球”という摩訶不思議要素は、ありますが超人野球漫画には、なっていないので今の所安心して読めます。
そこまで野球に詳しい訳じゃないので野球に関してとやかく言えませんが1巻を読んだ限りだと使い古されたスポ根王道展開にキャラ萌え要素をぶっ込んできた感じかな?
終始ふわっとした雰囲気を残しながらサービスもなく普通にスポーツ漫画してるので何か不思議な印象が残ります。

試合の方は、まだ始まったばかりですがテンポよく話が進みキャラも可愛いので次巻も楽しみです。

【球詠 2巻 感想】合宿&連敗街道! 2巻でも王道をゆく

球詠 2巻 感想

新生・新越谷高校野球部、初の練習試合・柳大川越戦。幸先良く先制し、投げては「魔球」を武器に好投を続ける詠深。
リードして迎える5回裏、相手の2年生エース・朝倉がベンチに姿を見せ、ムードは一変…!?
D☆V野球物語、第2巻!!

1巻から始まった他校との試合から始まり2巻は、合宿や練習試合がメインの野球要素多めの巻でした。
チームメンバーとの絆を深めたり練習して強化したりとキャラ萌え要素は、1巻より薄味でその代わりと言っては、なんですが野球要素が多めなので普通に野球漫画として楽しめました。

次から公式大会編になるのみたいなので次巻からどうなるか楽しみです。

相変わらず王道展開!

球詠 2巻

1巻から始まった練習試合は、負けてそれ以降の練習試合も負け。
合宿や練習を重ねてメンバーが上手くなったり絆を深めて強くなり最後の練習試合で初勝利する「努力・友情・勝利」の王道展開で2巻は、終わります。

スポ根と言うには、ふわっとしてるけどしっかりスポーツマンガしてるので2巻も面白かったですよ。

スポンサーリンク

シェアする