遂にあのクソマンガがアニメ化! ポプテピピック 感想!

なぜアニメ化したのか? なぜ30分枠なのか?

スポンサーリンク

ポプテピピック とは

竹書房のウェブコミック配信サイト『まんがライフWIN』にて2014年11月29日より連載し、SNSを中心に人気を集めた。作風は主に時事ネタや1990年代以降のアニメやゲーム、ドラマなどが元ネタとして見受けられるが、中でも、出版元の竹書房を殴って破壊する回や、竹書房を暴力団に揶揄する回は評価が高く、検索サジェストで上位を記録するなどの影響を与えた。また同社の『まんがライフ』2015年1月号・2月号では巻末の目次ページにゲスト作として掲載されていた。

2015年11月7日に打ち切りとなったが、単行本発売に合わせて、同年12月7日に新作エピソード『ポプテピ劇場版』を限定公開した。しかしアクセスが集中しすぎたため、同年12月24日に再公開された。

作者の大川は2016年2月18日より同サイトで新作ラブコメ漫画『☆色(ほしいろ)ガールドロップ』の連載を開始。しかしそれはフェイクであり、新作の正体は『ポプテピピック セカンドシーズン』であることが翌19日に明らかになり、連載が再開された。2017年4月30日を以って連載が終了。

ポプテピピック – Wikipediaから引用

時事ネタパロネタ、風刺もパクリも何でもあり。
起承転結も無くなんと言っていいのか分からない、そんな漫画です。

みんな口を揃えて、この漫画をクソマンガと呼ぶ。

ポプテピピック 感想

簡単に感想を書いていきます。
以下のことを注意して御覧ください。

  • 大なり小なりネタバレ注意
  • あくまで個人の感想です。

【1話】 ポプテピピック 感想

ポプテピピック 1話

クソマンガをアニメ化するので「絶対糞アニメしなくては、いけない!」という強い意志を感じる1話でした。
声優変えただけで約15分アニメを2回放送する暴挙、内容もパロディやパクリなど色んな物をぶち込んだ闇鍋状態。
とりあえず見てるこっちのツッコミが追いつかない実況泣かせの30分。
リアルタイムで見ると時間をドブに捨てる事になるので注意が必要だわ……

声優パネェ

1話(約15分)を2回、声優を変えて放送するトンデモ仕様です。
キャストは、EDのスタッフロールを見てもらえれば分かりますがポプ子とピピ美のキャストが豪華。
声優を変えただけ内容の無いアニメを30分見ることになりますがポプ子とピピ美のキャストは、凄い。

【2話】 ポプテピピック 感想

ポプテピピック-2話 感想

今回も前半後半で同じ内容のモノを声優を変えて放送するスタイル。
「1話と同じ内容を延々と声優を変えて繰り返すんじゃ…」と心配してましたが流石にそんな事は、無かったので一安心。
ちなみに2話は、1話よりテンポよく進むので1話より見やすかったです。

今回も声優が豪華

今回の声優は、これ(Twitter参照)
女性声優の方は「ほーん、人気声優やね」くらいにしか思いませんが男性い声優の方は、相変わらず豪華で驚きが隠せません。
この手の叫んだりする役だと千葉繁さんの演技が映えるのが分かるので後半の男性声優のパートは、普通に見れたのでクソアニメって感じがしませんでした。

スポンサーリンク

シェアする