「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」を見てきたぞ!

今や日常アニメは、毎クール絶対にあるアニメのジャンルで数ある日常アニメの中でも私が好きな作品が「のんのんびより」だ。
第2期が放送終了してから長い間(約3年)待って、遂に「劇場版 のんのんびより ばけーしょん」が劇場公開されたぞ!

もうこの日を待ちに待ってたので公開初日に見てきた! 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

劇場版 のんのんびより ばけーしょん

「旭丘分校」の生徒はたった5人。学年も性格も違うけれど、いつも一緒に春夏秋冬の変わりゆく田舎生活を楽しんでいます。ある日、デパートの福引で特賞の沖縄への旅行券を当てた「旭丘分校」の面々。夏休みを利用して、皆で沖縄に行く事になるのですが・・・・・・。
穏やかで何気ないけれど、笑えて、ほろっとして、心があたたかくなる。まったりゆるゆるなメンバーが送る日常の中の非日常に会いにきてください。

遂に映像化された沖縄編

沖縄旅行が当たって沖縄に行く準備をする所までは、OVAでやってましたが肝心の沖縄旅行編が映像化されてませんでしたが今回の劇場版で遂に映像化されました。

PV見れば分かりますがOVAからの続きでは、なくしっかり懸賞で当たる所からスタートなのでOVAを見てなくても「のんのんびより」が好きなら楽しめます。
ただ旅行の準備をする部分は、カットと言うか描かれていないので映画を見る前でも後でもいいのでOVAは、別で見たほうがいいかも。

スポンサーリンク

のんのんびより ばけーしょん 感想

感想は、以下のことを頭においてお読みください。

  • 大なり小なりネタバレ注意
  • 勢いで書いてる
  • 何だかんだ言っても最終的には、自分で見たほうがいいよ

緊張と間、緩急がいい

本編でも緊張と間、緩急のつけ方がよく面白い作品でしたが劇場版でもそれは、健在。
大きな笑いを取りに行くと言うより細かい笑いを取りに行く会話が多く“楽しい作品”って印象が残りました。

特にひか姉(ひかげ)との会話…… と言うかひか姉が関わる事の殆ど笑いを取りに行く感じでPVでも土下座して沖縄旅行に連れて行ってくれと懇願している姿が見れますが劇場版本編でも常にあんな感じ。
みんなからの扱いは、毎度のように雑ですがポジション的には、一番おいしいキャラでいい仕事をしていたと思います。

ストーリーの中心は、なっつん(夏海)

今回の劇場版のストーリーの中心は、夏海でしたね。
沖縄旅行の話ですが更に細かくストーリーを紹介すると「そこ(沖縄旅行)で出会った同学年の子との出会いと別れの話」です。

アニメ本編でもれんげとほのかで似たような話がありましたが劇場版は、別れの言葉も言えてるので一夏のいい思い出って感じで締めて終わって良かったです。

最後に

待ちに待った「のんのんびより」の新作アニメ(劇場版)でしたが面白かったです。
劇場版が終わった時に“今回はここまで”と出て終わったので気持ちとしては「劇場版もいいけど、3期やってくんねーかな?」と……
日常モノは、毎クールみてますがここまでハマったのは、この作品だけなので「劇場版やったから終わり!」には、して欲しくないところですわ。

コメント