アニメ・マンガを実写化しても失敗するから、そろそろやめとけ

流行っているのが無謀なチャレンジなのか分かりませんが最近アニメやマンガの実写化されますね。
「面白ければ別にいいんじゃねーの?」と思って事の成り行きを見てますが大体は、予想通りと言うかお約束と言うか…… 案の定、炎上して大爆死ですよね。
マンガを実写化して成功した作品もありますが基本、爆死路線なのでもう少し考えた方がいいと思う今日此の頃ですわ。

スポンサーリンク

アニメ・マンガを実写化しても失敗するから、そろそろやめとけ

 またひとつ、コミック原作の実写化映画で黒歴史作品が誕生してしまったようだ。  Hey! Say! JUMP・山田涼介が11月15日、都内で行われた主演作『鋼の錬金術師』(12月1日公開)のジャパンプレミアに出席。「原作を知らなく&

最近だと鋼の錬金術師が実写化して大爆死してるようで映画の監督さんのTwitterは、炎上してたり結構騒がれてます。
見てないので内容について何も言えませんが日本人キャストで鋼の錬金術師を実写化するのは、無理があると思うのは、明白なのに何で実写化したんですかね?

ブランド人気に頼らなければ、そこそこ実写化に向いてるマンガも多い気もしますが……

アニメ化した作品は、実写化しない方がいいよ

実写化が発表される度に「アニメで成功した作品の実写化は、やめた方がいい」と思うんですが皆さんは、どうですかね?

実写でも戦えそうな「デスノート」とか「カイジ」は、余程大幅な改変をしなければ問題ないと思いますが最近爆死するマンガの実写映画ってどう考えても無理があるモノばかりな気がするんですよね……

アニメで人気が出た時点で知名度が上がって実写に求めるハードルも高くなり、どうやっても超えるのが厳しい状態でのスタートですしアニメで付いたファンは、高確率で実写嫌いが多いので最初から越えられないハードルを用意する必要も無い気がするんですけどね。

スピンオフじゃ駄目なの?

「実写化は、無理あるだろ……」と思うと同時に「世界観や設定、タイトルを借りてスピンオフ作品の方がいいんじゃね?」と思うんですよね。
キャラも全員オリキャラで設定と世界観だけなら原作ファンも妥協できると思いますし変に原作と結びつけなければ炎上する事もないと思いますけど、どうですかね?

実写は、どの層に向けてるの?

鋼の錬金術師の実写化は、単純にジャニタレのファン向けって気がしますが「それだけのために巨額のお金を使って映画なんて作る必要があったのか?」と思うんですよね。
まぁハガレンだから人が来るとか思ったのか分かりませんが実写化するなら客層をしっかり選んで作って欲しいところですわ……

スポンサーリンク

シェアする