クノイチノイチ! ノ弐 感想

ノ弐 1巻 感想 - クノイチノイチ! ノ弐 感想 マンガ

第1部が完結した「クノイチノイチ!」の第2部「クノイチノイチ! ノ弐」を読んだので感想を書いていきたいと思います。

今回の舞台は、現代。
忍者の世界からくノ一の皆がタイムスリップしてきますよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

クノイチノイチ! ノ弐

修学旅行で忍者屋敷を訪れた高校生のイチは見学中に不思議なからくりに巻き込まれ、忍者の世界にタイムスリップしてしまう。
仲間たちと共に、現代へ帰る手がかりである「忍法帖」を手に入れたイチは無事現代へ帰還する。

しかし平穏な生活を送るイチの元に、突如あやめが現れ…!?

1巻 - クノイチノイチ! ノ弐 感想
クノイチノイチ! 感想! 男子禁制のくノ一学園に潜入する忍者コメディ!
クノイチノイチ!を読んだので感想を書いていこうと思います。 第1部(全5巻)でこの記事では、第1部の感想のみ簡単に書いてます。 クノイチノイチ! 1話~3話まで試し読みする事ができます。 どんな感じのマンガなのか分か...

第1部は、全5巻。
「クノイチノイチ! ノ弐」は、第2部で一応続きになってます。

試し読みもあるよ

10834108156628453379 3352bfeca303d6bf62d45d0aa41c5b42?1518503147 - クノイチノイチ! ノ弐 感想
[第1話] クノイチノイチ!ノ弐 - 金沢真之介 | となりのヤングジャンプ
修学旅行で忍者屋敷を訪れた高校生のイチは、見学中に不思議なからくりに巻き込まれ忍者の世界にタイムスリップしてしまう。 仲間たちと共に、現代へ帰る手がかりである「忍法帖」を手に入れたイチは無事現代へ帰還する。 しかし平穏な生活を送るイチの元に、突如あやめが現れ&!?

第2部もとなりのヤングジャンプで3話まで試し読みできます。
第1部からの続きですが簡単に説明は、されているので興味がある人は、試し読みを是非。

クノイチノイチ! ノ弐 各巻 感想

  • 大なり小なりネタバレ注意
  • あくまで個人の感想です。
  • 読んだ巻を追記していきます(ハズレもしくは、飽きたら止めます)
スポンサーリンク

クノイチノイチ! ノ弐 1巻 感想

クノイチノイチ! ノ弐 1巻 感想

第1部でイチの体に封印した忍法帖の封印に綻びが生じて術が暴走(強制発情)や忍者の世界からあやめがタイムスリップしてきます。
第2部は「イチが忍法帖の制御の仕方を覚える」のと「あやめの過去(忍者)の世界に帰る手段を探す」のが主な目的になります。

まぁ単純に一言でまとめると「今度は、忍者の世界からくノ一の皆がタイムスリップしてドタバタするお話」って感じですかね。

舞台は、現代で過去の人が現代の文化に驚いたり戸惑ったりするお約束を挟みながらやることは、第1部と変わらずお色気要素多めの忍者(?)漫画。
現代に移り登場するキャラクターもむっつりスケベ委員長、忍法帖を狙う忍者(3人)、クラスメイトなど個性豊かなキャラクターが増えました。

1巻では、あやめしかタイムスリップしてませんが渚も現代にタイムスリップしてるみたいなので1部に登場したくノ一の皆も登場するのかな?
まぁそこら辺は、次巻以降に期待したいと思います。

戦闘シーンもしっかりありますが今回から生きる死ぬの戦いじゃなくてイチ(主人公)の貞操を守れるかどうかみたいな感じなので1部より脱いでる印象。
まだ1巻なので導入部分だけですが相変わらず物語は、テンポよく進むので読んでて気持ちよかったです。
相変わらずキャラは、可愛いし1部を読んだ限りじゃお色気要素もガッツリ入れてくる漫画なので次巻にも期待が高まります。

クノイチノイチ! ノ弐 2巻 感想

クノイチノイチ! ノ弐 2巻 感想

忍者の世界から現代にタイムスリップしてしまったくノ一あやめ。イチの元にやってきた理由はイチによって封印された忍法帖の綻び、つまり、忍法帖から漏れ出す忍術の源による現象なのだと云う。あやめに課せられた任務は『狙われた忍法帖の制御の仕方』と『過去へ帰る手段』。交尾をした相手に移るという、忍法帖を巡る争奪戦の行方は…!?

1巻で忍法帳の移し方が分かった時点で何となく予想はしてましたが2巻では、1巻以上にサービスシーンが多く出すモノ出してれば完全に成人向けなシーンが多かったです。

ストーリーの方は、「微妙に話が進んだような進んでないような……」って感じ。
1部に登場したくノ一(渚と小咲)やキャラの濃い新キャラも登場したりして賑やかになりますがストーリーは、特に進まず、日常回のような話が多かったです。
まぁ2巻の最後の方で小咲と再開して忍法帳を移せる場所を知ってると言って2巻が終わるので3巻で物語が進みそうなので2巻は、繋ぎって感じですね。

コメント