はるかなレシーブ 感想!

1巻 - はるかなレシーブ 感想! マンガ

まんがタイムきららフォワードで連載している「はるかなレシーブ」を読みました!
ビーチバレーのマンガは、始めてですがキャラが可愛く楽しんで読めてます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はるかなレシーブ とは

【あらすじ】

従姉妹の比嘉かなたの家に同居するため、東京から沖縄へと引っ越してきた大空遥は、家の前の海岸でビーチバレーの試合のための練習をしていた遠井成美らと知り合い、ビーチバレーに興味を抱く。ところが遥は不用意な言葉で成美を怒らせてしまい、過去にかなたと成美がペアを組んでビーチバレーの選手をしていたものの、かなたの挫折により気まずい間柄になっていたという事情を知る。険悪な空気をビーチバレーの勝負で解決することになったことをきっかけに、遥はかなたとペアを組み、競技としてのビーチバレーに向き合っていくことになる。

遥は転校先の沖縄の高校で、かなたと共に部活動としてビーチバレーをすることとなり、ビーチバレー部の部員や、部として参加した試合の対戦相手と親交を築いていく。また、一度はビーチバレーを諦めようとしたかなたも、ビーチバレーの初心者である遥に色々教えるうち、自分の道を模索し、過去のビーチバレー仲間たちとの関係を取り戻していく。

アニメ化 決定!

http%3A%2F%2Fwww.harukana receive - はるかなレシーブ 感想!
TVアニメ『はるかなレシーブ』公式サイト
芳文社「まんがタイムきららフォワード」にて好評連載中の人気原作がTVアニメ化決定!高×低、素人×経験者、前向き×引っ込み思案......沖縄の地でビーチバレーのペアを組むことになった、 凸凹な二人の少女が呼吸を合わせ砂浜を翔ぶ──!!
  • 原作 – 如意自在
  • 監督 – 窪岡俊之
  • シリーズ構成・脚本 – 待田堂子
  • キャラクターデザイン・総作画監督 – 小田武士
  • アニメーション制作 – C2C
  • 製作 – はるかなレシーブ製作委員会

はるかなレシーブ 感想

簡単に感想を書いていきます。
以下のことを注意して御覧ください。

  • 大なり小なりネタバレ注意
  • あくまで個人の感想です。
  • 読んだ巻を追記していきます。

【はるかなレシーブ 1巻 感想】

はるかなレシーブ 1巻 感想

高い身長がコンプレックスのはるか。 身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。 沖縄の地でビーチバレーのペアを組むことになった凸凹な二人の少女が、呼吸を合わせ砂浜を翔ぶ――!! ほとばしる ビーチバレー少女達の青春、待望の第1巻!!

とりあえず1巻は、ざっと設定とメインになるビーチバレーの紹介って感じですかね。
1巻は、ビーチバレーのルール紹介に重きを置く感じでキャラ設定なんかは、軽くザッと紹介された程度なのでスカスカ感が否めませんがストーリーは、中だるみすること無くしっかり進んでいったので2巻にも期待。

ちなみに「ストーリー紹介で書かれている内容」「ビーチバレーのルール説明」「かなたがビーチバレーを諦めた理由」「ライバルポジションのチームとの試合」「学校のビーチバレー部に入部」など1巻に全て詰まってます。

ほぼ水着(サービス)シーンだよ

はるかなレシーブ 水着

ビーチバレーは、水着で行うスポーツなのでこの作品のキャラ達も例外なく水着で試合をします。
1巻の大半は、水着シーンなので水着シーンが見たい人は、期待通りのモノが見れるかと……

【はるかなレシーブ 2巻 感想】

はるかなレシーブ 2巻 感想

高い身長がコンプレックスのはるかと身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。 成美&彩紗ペアやエミリ&クレアペアとのゲームを経て、はるかなが挑むのは――ジュニアトーナメント!!
熱を帯びるビーチバレー少女達の青春、躍動止まらぬ第2巻!!

2巻は、初めての試合に向けて練習&初試合したりユニフォーム(水着)買いに行ったりするします。
2巻は、はるかが主人公特有の天然ジゴロ力を大いに発揮して1巻より百合要素が強めの内容になってます。

試合の方も1試合だけですがちゃんと描かれているので見ごたえがあります。
ちなみに1巻よりしっかりケツがアップで描かれるので読んでて「あっ、これケツを眺めるマンガだ……」と確信しました。

【はるかなレシーブ 3巻 感想】

はるかなレシーブ 3巻 感想

高い身長がコンプレックスのはるかと身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。 来夏の全国大会出場を目指し猛特訓を重ねる中、成美との、そしてビーチバレーとの出会いがかなたの口から語られる――。まばゆく輝くビーチバレー少女達の青春、第3巻!!

3巻は、新キャラ登場とさらなる練習ではるかなペアの強化、メインになるのは、成美とかなたの馴れ初め話。
1・2巻で練習&試合のハイペースで物語が進んでいきましたが3巻は、幕間みたいな感じの巻だったかな?

はるかなレシーブ 3巻

3巻では、登場するキャラクターも増えて賑やかさを増しましたがビーチバレーメインのスポーツマンガの形は、崩さずテンポよく物語が進んでいるので3巻もイイ感じ。

次巻で全国大会の枠を手に入れる為の地区予選が始まるみたいなので次巻も楽しみです。

【はるかなレシーブ 4巻 感想】

はるかなレシーブ 4巻 感想

高い身長がコンプレックスのはるかと身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。沖縄の地でパートナーとなった”はるかな”は特訓を重ね、いよいよたった一つの全国大会出場枠をかけた地区予選を迎える!! 砂浜を灼くビーチバレー少女達の青春、第4巻!!

4巻で全国大会出場枠をかけた地区予選が始まります。

1~3巻では、大体はるかなペアが何かしら練習して強化を終えてから試合って流れだったんですが4巻は、練習(強化)回無しで殆ど試合。
地区予選の方は、名前ありのキャラとの試合だけ見せて他は、スキップして物語が進むのでテンポは、相変わらず良かったです。

はるかなレシーブ- 4巻 ネタバレ

今回もスポーツ漫画でお約束な要素を入れつつ百合っぽい雰囲気もしっかり残してスポーツ漫画してるので良かったですね

今までの巻は、1巻で物語が一区切りする所まで収録されてましたが今回は、決勝戦が始まって少しやった所で終わるので微妙に区切りが悪かったかな……
まぁストーリー的には、そろそろ第一部が一区切りしそうな雰囲気なので4巻の区切りの悪さもあって次巻が待ち遠しいです。

地区予選、決勝の相手が……

はるかなレシーブ 地区予選 決勝

地区予選決勝の相手は、今まで一緒に切磋琢磨してきたエクレアペア。
スポーツ漫画だとフラグ立てて当然の如く折られる事が多いのですが同校の仲間と決勝で当たりました。

当初、地区大会から全国大会に行ける枠は、2枠だと思って「一緒に全国へ!」と意気込んでいましたが1枠しか無かったのでここで勝つか負けるかの真剣勝負が始まります。

【はるかなレシーブ 5巻 感想】

はるかなレシーブ 5巻 感想

高い身長がコンプレックスのはるかと身長が伸び悩みビーチバレーを諦めたかなた。沖縄の地でパートナーとなった“はるかな”は、全国大会出場をかけて地区予選の決勝戦で親友“エクレア”と激突する!! ビーチバレー少女達の青春が海辺にはじける第5巻!!

5巻は、単純に決勝戦と決勝戦後まで描かれます。
決勝の試合は、1巻の殆どを使っているだけあって接戦でどっちが勝ってもおかしくない試合になってます。
ストーリーの方は、ここで最初の大きな山が一区切りって感じ。

スポーツ漫画特有の強豪との試合みたいなのが無い分、5巻で全国大会出場とハイペースで物語が進んでいますね。
早々に全国大会編になるとも思えないので次巻辺りで、また練習(強化)回かな?
個人的には、ここまで真面目な話ばかりだったので息抜き回が欲しい所ですわ。

コメント